アマチュア張り師のテニスな日々

寄る年波には勝てぬ❔❕技術半分と道具の力で上達目指す❕

【高い加速と柔らかい感触】シグナムプロ アウトブレイク インプレ

こんにちは

 

今回は私のお気に入りのグナムプロのアウトブレイク1.24mmと1.30mmをポリメガフォース124とのハイブリッドにした時のインプレをしたいと思います。 

ポリを使いだした頃に硬めのポリは腕が不安だったため 柔らか目でコントロール不足を補いたいという事からホールドするストリングを探していました。

結局今でも柔らか目のホールドするストリングが好みになっています。

そんな時にアルパワーを張る機会が有り 柔らかくそしてホールドする打感に感動して自分好みのストリングを見つけたと思っていたのですが テンション維持の悪さから数日後には打感が急変してしまい この性能を維持するには相当な費用が必要だと分かって それからアルパワーに似たようなストリングを探すようになっていきました。

色々探していると 安値で気になっていたシグナムプロのアウトブレイク柔らかくてホールド感が有りアルパワーと肩を並べて書かれている記事なども見られました。

これが私がシグナムプロフリークになった切っ掛けでしたね😁

この頃はクロスにナイロンモノを張ったハイブリッドにしていましたが この時のインプレも交えて書きたいと思います。

 

それでは アウトブレイクxポリメガフォース のインプレに入りたいと思います。

 

 

アウトブレイクについて 

f:id:basstennis:20200501132016j:plain f:id:basstennis:20200617231259j:plain

 f:id:basstennis:20200617002734j:plain

柔らかくホールド感が有りさらに反発も良いとありますが テンション維持は良くないと言われています。

アルパワーの時の事もあったので あまりにもテンション維持が良くないと打感が直ぐに変わってしまうので その事が気になっていました。

色はグレーとなっています。

少し薄い黒で渋くてカッコイイです。

 

張ってみた 

今回は1.24mmと1.30mmのハーフが余っていた為 ゲージ違いを比較をしようとクロスに同じシグナムプロのポリメガフォース1.24mmを張って試しました。

アウトブレイク単体だと柔らか過ぎて飛び過ぎが心配だったので クロスに硬めのポリを張り 飛びも抑えようと思いポリメガフォースを張りましたが ポリメガフォース弾きが良い為 結局アウトブレイク単体の方が飛びが抑えられるのかなと後で思いました。

アウトブレイクとの組み合わせは 今後も色々と試したみたいと思います。

 

ピュアコントロールツアーに 縦アウトブレイク1.24mm・46ポンドx横ポリメガフォース1.24mm・43ポンド

ピュアストライクVSツアーに 縦アウトブレイク1.30mm・46ポンドx横ポリメガフォース1.24mm・44ポンド

で張ってみました。

f:id:basstennis:20200617231604j:plain f:id:basstennis:20200617231710j:plain

触ってみてやはり柔らかさを感じました。 

ポリなのに張っていて伸びるストリングです。

 

推測してみた

以前ハイブリッドで張った時に柔らかさホールド感を感じましたが クロスを硬めのポリで張ってどの位柔らかさホールド感はあるのか?

ポリメガフォースが柔らか過ぎと飛び過ぎを中和してくれるのでは?と思い いざコートへ!

 

打ってみた

打感

ハイブリッドの時同様ホールド感と柔らかさを感じましたが やはりどちらもナイロンとのハイブリッドの方が強く感じますが ポリ単体でも十分な性能を感じ取れ満足いくセッティングです。

飛びは少し抑えられますが ポリメガフォースのお陰なのかパワーは出る方だと思います。

スピンの掛かりも良いし フラットでハードヒットしてもスピードに乗ったボールが打てますが ホールドしてからのコントロールショットは抜群に良いと思います。

ホールドに関しては1.24mmより1.30mmの方が強く感じますが 飛びやスピードは落ちますね。 

ホールド感を強く感じる時は 硬質感も同時に感じるし 飛びもスピードも落ちてきて疲れてくると辛くなってくるので 私の場合1.30mmはほとんど使用しません。

しかしフラット系なら太い方が良いのかもしれません。 

ハイブリッドは腕に優しいセッティングですが ポリ単体と比べるとやはり少し感触がぼやけますね。

特に1.30mmを打っている時にはそう思いました。 

 

テンション維持

テンション維持ですが ナイロンとのハイブリッドで張った時はテンション降下が激しく そして飛びが悪くなり10時間持たないぐらいでした。

色んな記事に書かれているテンション維持の悪さは本当だなと思っていたのですが ポリ同士で張った場合はテンション降下が緩やかで -5.6ポンド・22時間(1.24mm)で降下終了だったのでこの組み合わせは凄くテンション維持は良かったです。

テンション維持に関しては非常に優秀だと思います。

そして材質違いのハイブリッドのデメリットを見た感じでした。

アウトブレイク単体ではまだ張った事がないので またの機会に張ろうと思います。

1.30mmより1.24mmの方がテンション維持はよかったです。

 

 類似品

ルキシロン アルパワーラフ

似たようなストリングでは アルパワーよりアルパワーラフの方が ホールドしてコントロールがし易い点やスピン性能といった点が似ていると思います。

アウトブレイクの方が飛びが良いので 反発性に関してはアルパワーの方が似ていると思います。

f:id:basstennis:20200426220301j:plain 

www.tennis-strings.work

 

ルキシロン エレメント 

ナイロンモノとハイブリッドにした時の事なんですが 軽い打感と柔らかい感触はエレメントにも似ていました。

スライスの滑りやホールド感とタッチとコントロールエレメントの方が上に感じました。

f:id:basstennis:20200618232022j:plain

アウトブレイク単体にするとまた違う感想になるかもしれませんが まあこんなところです。
 

紹介

以上 安いながらもルキシロンのストリングに似ているなぁと思う アウトブレイのインプレでした。

意外にもテンション維持も良くコスパ最高です! 

人それぞれ感じ方が違うとは思いますが 皆さんも是非試してみませんか?

 

カラーはグレー。

ゲージは1.18mm・1.24mm・1.30mmの3種類です。ドイツ製

 

 

それではまたよろしくお願いします!