アマチュア張り師のテニスな日々

寄る年波には勝てぬ❔❕技術半分と道具の力で上達目指す❕

人に張ったナイロンガット集~モノフィラメント編 part2

こんにちは

 

前回のモノフィラメント編part1に引き続き part2を紹介します。 

www.tennis-strings.work

 

 

ゴーセン ミクロスーパー

f:id:basstennis:20200516184746j:plainf:id:basstennis:20200523192319j:plain

ゴーセンのカタログより

ナイロンガットの基本モデル。性能バランスに優れたスタンダードモデル

迷ったときは「ミクロスーパー」!ベスト&ロングセラー

とあります。

 

迷ったときは「ミクロスーパー」のキャッチフレーズは目につきますね。

価格もショップで一番安い方だと思うので 拘りのない人はミクロスーパーを選ぶ人が多いのではないでしょうか?私もその口でした。

ソフトテニスのミクロパワーと名前が似ている為『張ろうと思って買っていたガットがミクロスーパーだった』と今までに2人のソフトテニスの方にミクロスーパーを頂いた事が有ります😅

まだ自分でガットを張る前にはショップで張ってもらっていたのですが 何の知識もない私はお値打ちなナイロンガットばかり張っていました。

1.25mmのナイロンを直ぐに切ってしまった為 耐久性を考え1.30mmを通り越して1.35mmを50ポンドで張ったことがありますが 少し硬さを感じましたが弾きの良さは感じられました。

この当時の私のガット選択肢を思い出してみると 多くの人はガット張りに掛かる費用を考えて 第一に『耐久性を求めているのではないかなぁ』と改めて思いました。

ミクロスーパー1.35mmを100インチのダンロップ エアロジェルに張ったのですがストリングパターンが16x18と目が粗かったのかスピンの掛かりも良かったと 当時の私の感想に書いてありました。

1.25mmも打ってみましたが 弾きが良く飛び出しが早かったので弾道が低くなりネットが多かった記憶が有ります。

打感はプロフォームタフに似ていると思います。

 

ソフトテニスのミクロパワーは沢山のカラーが有るようですが ミクロスーパーのカラーはホワイトのみです。

サイズは1.25mm・1.30mm・1.35mmの3種類で 日本製です。

フォーテン スウィート

f:id:basstennis:20200510200823j:plain  f:id:basstennis:20200521003824j:plainf:id:basstennis:20200523202648j:plain

フォーテンはアメリカで40年以上続くラケットスポーツ用品を製造しているメーカーです。

日本では馴染みのないメーカーなので名前も知らない方も沢山いると思います。

私も安いロールガットを探している時に知りましたが 聞いた事のないメーカーのロールを買う勇気はなかったです😅

 

カタログより

スイートスポットのスイート、つまり!FORTENは、この16Gゲージの合成腸の開発に特別に配合された接着剤を使用しています。Sweetはサーブとボレーのプレー中に効率的にボールにエネルギーを戻し、テンションを失うことなく生き生きとしたレスポンスを実現します。その引張強さはそれがベースライン集会のドキドキすることを可能にします。

とあります。

 

柔らかいモノガットですが反発はあまり良くない印象でしたが 振り切ってコートに収まるので私にとっては都合が良かったです。

反発系のラケットに相性が良いのかなと思いました。

 

カラーはナチュラル・ホワイト・イエローの3色です。

サイズは1.25mm・1.30mm・1.35mmの3種類で 台湾製です。

フォーテン コンペティション

f:id:basstennis:20200516184715j:plainf:id:basstennis:20200523203107j:plain

カタログより
競争ナイロン、経済的な選択。長く続く丈夫な紐。センターコアの周りに撚り合わされたポリアミドフィラメントにより、この16Gナイロンはその価格帯のどのストリングよりも優れています。
COMPETITION NYLONは、非常に耐久性のあるストリングをもたらす耐摩耗コーティングを備えています。
とあります。
 
ナイロンにしては硬い方でプロフォームタフぐらいですかね。
しかし反発はそれ程良くはなかったですが スウィートよりは弾いた感じです。
全体的に見て平均的なガットでした。
 

カラーはナチュラル・ホワイト・イエロー・ブラックの4色です。

サイズは1.30mm・1.35mmの2種類で 台湾製です。

バボラ SGスパイラルテック

f:id:basstennis:20200516184649j:plain

f:id:basstennis:20200524004647j:plain 

SGスパイラルテックはカラーも豊富で気になっていたのですが ナイロンモノでは価格が高くずっと見送っていたのですが たまたま安かったので購入してみました。

このガットも反発が良いですね。

テクニファイバーのシンセティックガットに似ていますが柔らかさはテクニファイバーが上だと思いますが SGスパイラルテック柔らかいです。

スピンの掛かりも普通に掛かるのですが スピンを意識しても少しアウトする感じです。

 1.25mmを打ってみましたが ガットの滑りが悪くなるとスナップバックでの戻りが悪くメインガットが戻ってきません。

私が思うにナイロンガットはトータル的に1.30mmぐらいが良いのかなと思います。

 

カラーはホワイト・イエロー・ブラック・レッド・ブルーの5色です。

サイズは1.30mm・1.25mmの2種類で 台湾製です。  

ウィルソン シンセティックガットパワー

www.tennis-strings.work

 

トアルソン アスタリスク

f:id:basstennis:20200524011105j:plain

f:id:basstennis:20200524011154j:plain f:id:basstennis:20200524011135j:plain

私が初めて新品のラケット ピュアアエロ を購入した時に張られていたガットです。

ラケットには1.35mmが張られていて ピュアアエロ のフレームの硬さなのかは分かりませんが 打感が硬く感じられたので次に1.30mmをショップで張る事にしました。

このころから2カ月ぐらい経った時の打感の違いに気づき始め 徐々に『自分で張ろうかなぁ』という気持ちになってきました。

1.30mmは50ポンドで張ったのですが 硬さは感じられず飛ぶ印象でした。

スピンの掛かりはラケットがアエロという事もあり良かったのですが スナップバックの戻りが良くなかったです。

 

カラーはホワイト・スーパーホワイト・イエロー・ブラック・レッド・ブルー・ピンクの7色です。

トアルソンはカラーが豊富で選択肢が増えますね😁

サイズは1.30mm・1.25mmの2種類で 日本製です。

人に張ったナイロンガット集~モノフィラメント編はこれで終了です。
次回はモノマルチフィラメントを紹介します。
 
それではまたよろしくお願いします。